Fuji Scène Francophone

フジセーヌ・フランコフォン 2019年公演 

「月は見ていた」 Lune Cannibale      ⇒ Français  

ジュリアン・デルメール原作、ルイ・ソロ・マルティネル演出                  

日時:2019年 5月 24日(金) 19時
                          25日(土) 15時 19時
                          26日(日) 14時 18時 
場所:高田馬場ラビネスト(JR山手線・メトロ東西線高田馬場駅より8分)

   「月は見ていた」は好評のうちに終了いたしました。皆さま、本当にありがとうございました。ちょっと難しかったという声もありましたが、おおむね素晴らしかったとのコメントでした。重いテーマをコメディ要素を交えて演出し、モノローグはポエティックで(デルメール氏は詩人です)、フランス語の響きに魅了されたと言ってくださった方もいました。

 また、ちょうど日本に滞在していたアメリカのノースカロライナ大学からの学生グループが見に来てくれました。演劇を学んでいる学生さん達で、先生とコーディネーターの引率であちこちで舞台を見ているとのこと。日本語、フランス語がわからないにもかかわらず、とても反応がよく、今回から始めたトークショーでも色々質問してくれて、場が盛り上がりました。
  そんなわけで、フランス人、日本人、ドイツ人(ピーカさんがドイツ人)、アメリカ人と、なかなか国際色豊かな客席となりました。

左: ルイさん、セドリックさん

     右:トークショーの様子 

あらすじ: 蝶採集家のエジェシペはある日、城壁を超えた森の奥深くで珍しい種類の蝶を見つけ、時間を忘れて夢中になっているうちに日が暮れてしまう。そこは文明から遠く離れた恐ろしいノーマンズランドだった。そこへフィデルとバティストがやって来る。彼らは頭蓋骨の収集屋だ。エジェシペに危険が迫っていた。
   時代設定が不明な中、放射能の汚染や、城壁で区切られた環境、分断された人々などから、核戦争後の近未来とも思わせる。追い詰められた底辺の人々に救いはあるのか・・・。

出演者(登場順)

ドミニク・ピーカ:エジェシペ 
ルイ・フィエベ:フィデル
セドリック・ワティン:バティスト
ルイ・ソロ・マルティネル:父親
白鳥加奈子:歌手
              演出のソロさん  

这是法语演剧。有日语字幕。

作者是法国人。他是位诗人兼小说家。这是他第一次写的演剧。还没发表的作品。

从5/24~5/26 ,在高田马场ラビネスト上演。

莅临指导!



フジセーヌ・フランコフォンの紹介を少し・・

 フジセーヌ・フランコフォンの公演は時を重ねて、早いもので18年目になります。見に来てくださる皆さんのおかげで、ここまでやってこれました。本当にありがとうございます。
    私たちの演劇は、カナダの劇作家の作品「執拗な声のデュオ」や映画が原作で舞台上でダンス場面を披露した「サルサ」、フランスの古典劇「いさかい」やオリジナル作品である小泉八雲原作の「神々の国への旅」など多種多彩です。2017年には「マクベスとレディ・マクベス」で好評を得ました。東京・横浜で活動を続けるフランス語(日本語の字幕があります)の劇団はたくさんはありません。是非、応援してくださいね!   
          左上はドミニクさん 「月は見ていた」フォト・セッションにて

ジュリアン・デルメール氏
 右がジュリアン・デルメール氏です。彼は詩人、作家で、スラムの語り手でもあります。フランスでのスラムはポエトリー・リーディング、詩の朗読のことです。ラップもポエトリー・リーディングの一種、音楽とともに語られる詩の朗読と言えます。
 詩集:Le Mur s'efface 2007
        Bogolan 2015 
    Rose Pirogue 2016 
 小説:Georgia 2013
        Frère des Astres 2016 
          Minuit Montmartre 2017
  
   デルメール氏の伴奏なしの語りはとても力強く、Youtubeで見ることができます。ご覧のように風貌もなかなかインパクトがあります。時々学校や精神病院、刑務所や図書館にも出向いて、文章を書くためのワークショップを開催するそうです。

 真ん中/舞台監督で蝶遣いの海老沢さん

 作品完成までは長い道のりです。何か月も一緒に練習し、作品の解釈もどんどん深まっていきます。デルメール氏の作品は、初めは取っつきにくいですが、理解が深まるとせりふがどんどん深みを増して、その素晴らしさ、面白さ、その普遍性に気づかされます。そして彼の言葉はとても誌的です。日本語に訳すことで失われる部分があることは否めませんが・・。是非、デルメール氏の世界に浸ってください。
  みんなで何かを作り上げていく過程は、私たちにとっても素晴らしい経験です。見に来てくださった方々の心に響く経験をお届けできるよう、まだよく知られていないデルメール氏の作品の素晴らしさを少しでも伝えられるよう頑張っています。皆様よろしくお願いします! そして、ありがとうございました。

                                                                                                  

フジセーヌ・フランコフォン
 

inserted by FC2 system